ボート

ボート

今までの人生(じんせい)で、まだ一度しかボートに乗ったことがないのですが、皆(みな)さんはどうですか。

ボートを漕(こ)ぐのは、いい運動になるのでしょうか。

それに、万一(まんいち)のためにライフジャケットを着用(ちゃくよう)して乗ったほうがいいと思うのですが、ちょっと大げさでしょうか。

[ことば]

・万一(まんいち):万一のときに慌(あわ)てないように準備(じゅんび)しておこう。 万一の場合(ばあい)に備(そな)えましょう。 万一のために大事(だいじ)なものを保存(ほぞん)する方法(ほうほう)。 万一事故(じこ)に遭(あ)ったら、どうしたらいいのでしょうか。

・着用(ちゃくよう)する:バイクに乗るときはヘルメットを着用すること。 この会社では制服(せいふく)を着用することになっている。

 

家庭菜園(かていさいえん)

家庭菜園(かていさいえん)

家庭菜園(かていさいえん)

最近(さいきん)は、趣味(しゅみ)で自宅(じたく)の庭(にわ)やベランダなどで野菜などを栽培(さいばい)する家庭菜園が流行(はや)っています。また、市が農家(のうか)から遊休農地(ゆうきゅう のうち)を借りて区画(くかく)整備(せいび)した市民(しみん)農園(のうえん)を利用する人も増(ふ)えてきました。

小さかったり、形(かたち)が変(へん)だったり、ちょっと虫が食(く)ったりしていても、自分が丹精(たんせい)込(こ)めて作った野菜には愛情(あいじょう)が湧(わ)くのでしょうか。おいしく感(かん)じられます。

[ことば]

・流行る(はやる)=流行(りゅうこう)する:今年は白い服が流行るだろう。

・栽培(さいばい)する:温室(おんしつ)栽培した野菜。 家でトマトを栽培している。

・整備(せいび)する:下水道(げすいどう)を整備する。 自動車整備士(し)。

・虫が食う(むしが くう):セーターに穴(あな)が開いているのを見て「わっ!虫に食われた!」

・丹精込める(たんせい こめる):丹精込めて野菜を育てる。 恋人(こいびと)が来るので、丹精込めて料理する。 

・湧く(わく):疑問(ぎもん)が湧く。 興味(きょうみ)が湧く。 勇気(ゆうき)が湧く。

風鈴(ふうりん)

風鈴(ふうりん)

これは風鈴です。窓(まど)の外に飾(かざ)ります。鉄(てつ)や銅(どう)、ガラスでできています。風が吹(ふ)くと、チリンチリンと鳴(な)ります。

日本の夏は湿気(しっけ)が多いので、蒸(む)し暑い日が続(つづ)きますが、この音を聞くと、日本人は涼(すず)しさを感(かん)じます。なぜでしょう。

日本の夏の風物詩(ふうぶつし)の一つです。

雲梯(うんてい)

雲梯(うんてい)

長いはしごのことを雲梯と言います。これは子どもの遊具(ゆうぐ)です。子どもたちはこれにぶら下がりながら、手を伸(の)ばして移動(いどう)します。別名(べつめい)「モンキーバー」とも言うそうです。なるほど!

[ことば]

・ぶら下(さ)がる:サルが木にぶら下がる。 天井(てんじょう)から紐(ひも)がぶら下がっている。

・伸ばす(のばす):まがった釘(くぎ)を伸ばす。 しわを伸ばす。

・移動(いどう)する:データを新しいフォルダに移動する。  移動図書館。

・なるほど:A「この花にはこちらの花びんのほうがいいですよ」 B「なるほど、そうですね」。

電柱(でんちゅう)

電柱(でんちゅう)

今まで考えたこともありませんでしたが、電柱には三種類(しゅるい)あるそうです。

電気を送るための電力(でんりょく)用のものを電力柱(でんりょくちゅう)、電話などのための電信(でんしん)用のものを電信柱(でんしんばしら)、電力用と電信用を共有(きょうゆう)する共用柱(きょうようちゅう)です。そう言われれば、確(たし)かに、たくさんの電線が張(は)られています。

[ことば]

・確かに(たしかに):あの人は確かに山田さんだ。 ご注文(ちゅうもん)、確かに承(うけたまわ)りました。

・張る(はる):ロープをピンと張る。 入口にロープが張られていて、入れない。

温室(おんしつ)

 

温室(おんしつ)

植物園(しょくぶつえん)に行って、温室の中の植物を見学してきました。いろいろな種類(しゅるい)の植物がありましたが、一番(いちばん)印象(いんしょう)に残(のこ)ったのは「暑かった」です。(‘◇’)ゞ  温室は暑い季節(きせつ)に行くものではないですね。

[ことば]

・印象に残る(いんしょうに のこる):人生(じんせい)で印象に残っている映画は何ですか。 ワールドカップで印象に残ったチームはどこですか。

人力車(じんりきしゃ)

人力車(じんりきしゃ)

19世紀(せいき)末(まつ)から20世紀初頭(しょとう)にかけて、庶民(しょみん)の足となったのが、人力車です。1人か2人のお客さんを乗せて、人が車を引っ張(ぱ)ります。電車やバス、自動車が普及(ふきゅう)した今は、観光地(かんこうち)でしか見られなくなりました。

私は……まだ乗ったことがありません。

[ことば]

・末(まつ):週末(しゅうまつ)。 年末(ねんまつ)。 世紀末(せいきまつ)。

・庶民(しょみん):庶民の文化(ぶんか)。 庶民の暮(く)らし。 

・引っ張る(ひっぱる):子どもの手を引っ張って歩く。 父を病院に引っ張っていく。

 

ゴミ箱(ばこ)

ゴミ箱(ばこ)

日本ではゴミを捨(す)てるときは、かならず分別(ぶんべつ)しなければなりません。大きく分けると、燃(も)えるゴミ、燃えないゴミ、リサイクルゴミの3つがあります。

燃えるゴミは、燃やしてもいいゴミのことです。紙くずや食べ物の残(のこ)り物などがあります。燃えないゴミは、燃やしてはいけないゴミのことです。金属(きんぞく)が入った物や陶器(とうき)、大きい物などがあります。リサイクルゴミは、ペットボトルや空(あ)き缶(かん)、空き瓶(びん)、新聞紙などです。

分別の方法(ほうほう)は各都市(かく とし)によって違(ちが)うので、捨(す)てるときはどのゴミ箱に捨てるか注意しなければなりません。

[ことば]

・分別(ぶんべつ)する:ゴミを分別する。

・燃える(もえる):紙が燃える。 ストーブの火が燃える。

・各(かく):各教室。 各大学。 各店。 各社。

 

ガシャポン

ガシャポン

これはおもちゃを売(う)る自動販売機(じどう はんばいき)です。この中には、おもちゃを入れたカプセルが入っています。子どもたちがお金を入れて、ハンドルをガシャガシャと回(まわ)すと、ポンとカプセルが出てくるようになっています。「ガチャガチャ」とか「ガチャポン」とも呼(よ)ばれています。カプセルからどんなおもちゃが出てくるか楽しみですが、好きじゃないものが出てくると、悔(くや)しくて、もう一回やりたくなってしまいます。

[ことば]

・悔しい(くやしい):サッカーの試合(しあい)で負(ま)けて、悔しい。 がんばって勉強したのに、合格(ごうかく)できなくて、悔しい。

証明写真機(しょうめいしゃしんき)

証明写真機(しょうめいしゃしんき)

日本ではジュースなどを売っている自動販売機(じどうはんばいき)が あちこちで見られますが、この証明写真機も自動販売機の一種(いっしゅ)ではないでしょうか。これは履歴書(りれきしょ)や手続(てつづ)きなどに使う証明写真を撮(と)るための機械(きかい)です。

写真の出来(でき)はあまり良くないほうが多いのですが、すぐに使えるので便利です。

[ことば]

・あちこち:犬があちこち歩きまわる。 コンビニがあちこちにある。 お花見があちこちで行(おこな)われている。

・一種(いっしゅ)=一つの種類(しゅるい)。

・証明(しょうめい)する:身分証明書(みぶん しょうめいしょ)。 無実(むじつ)を証明する。

・出来(でき)=出来上がりのようす。出来映え(できばえ):この映画はすばらしい出来映えだ。