烏(カラス)

カラス

カラスは山や農村部(のうそんぶ)だけでなく、都市(とし)にも順応(じゅんのう)して生息(せいそく)しています。雑食性(ざっしょくせい)なので、畑(はたけ)の作物(さくもつ)や町のゴミを荒(あ)らす行為(こうい)が問題になっています。

意外(いがい)に大きく、近くで見ると、ちょっと怖(こわ)い感(かん)じがしますが、その理由(りゆう)は鋭(するど)い嘴(くちばし)のせいかもしれません。

ところで、「烏(カラス)」という漢字は、全身(ぜんしん)が真(ま)っ黒で、どこに目があるか分からないので、「鳥(とり)」という漢字から目にあたる横棒(よこぼう)を一本抜(ぬ)いたと言われています。本当(ほんとう)でしょうか。

[ことば]

・順応(じゅんのう)する:引っ越(こ)してきたばかりだが、新しい生活にすぐに順応できた。 身体(からだ)を気候(きこう)に順応させる。

・生息(せいそく)する:この動物の生息地はアフリカだ。 砂漠(さばく)に生息する植物(しょくぶつ)を研究する。

・荒らす(あらす):ネコが机(つくえ)の上を荒らす。 子どもに部屋(へや)を荒らされる。

・意外に(いがいに):彼女(かのじょ)は意外に背(せ)が高い。  日本語を勉強している人の中で、アニメが嫌(きら)いな人は意外に多い。

・鋭い(するどい):鋭いナイフ。  ⇔鈍い(にぶい)

・あたる:CPUはパソコンの頭脳(ずのう)にあたる。

・抜く(ぬく):歯(は)を抜く。 風船(ふうせん)の空気を抜く。 洋服の染(し)みを抜く。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada.