木漏れ日(こもれび)

木漏れ日(こもれび)

樹木(じゅもく)の枝葉(えだは)の間(あいだ)から差(さ)し込(こ)む日光(にっこう)のことを木漏れ日と言います。木から日(ひ)が漏(も)れるという意味なのでしょう。

寒い季節(きせつ)には、その光で暖(あたた)かさを感(かん)じ、暑い季節には、その影(かげ)で涼(すず)しさを感じる、すてきな言葉(ことば)です。

木漏れ日(こもれび)

[ことば]

・差し込む(さしこむ):窓(まど)から朝日(あさひ)が差し込む。 明るい日差(ひざ)しが差し込むカフェを見つけた。

・漏れる(もれる):ガスが漏れる。 冷蔵庫(れいぞうこ)から水が漏れる。 隣(となり)の部屋(へや)から声が漏れてくる。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada.