家庭菜園(かていさいえん)

家庭菜園(かていさいえん)

家庭菜園(かていさいえん)

最近(さいきん)は、趣味(しゅみ)で自宅(じたく)の庭(にわ)やベランダなどで野菜などを栽培(さいばい)する家庭菜園が流行(はや)っています。また、市が農家(のうか)から遊休農地(ゆうきゅう のうち)を借りて区画(くかく)整備(せいび)した市民(しみん)農園(のうえん)を利用する人も増(ふ)えてきました。

小さかったり、形(かたち)が変(へん)だったり、ちょっと虫が食(く)ったりしていても、自分が丹精(たんせい)込(こ)めて作った野菜には愛情(あいじょう)が湧(わ)くのでしょうか。おいしく感(かん)じられます。

[ことば]

・流行る(はやる)=流行(りゅうこう)する:今年は白い服が流行るだろう。

・栽培(さいばい)する:温室(おんしつ)栽培した野菜。 家でトマトを栽培している。

・整備(せいび)する:下水道(げすいどう)を整備する。 自動車整備士(し)。

・虫が食う(むしが くう):セーターに穴(あな)が開いているのを見て「わっ!虫に食われた!」

・丹精込める(たんせい こめる):丹精込めて野菜を育てる。 恋人(こいびと)が来るので、丹精込めて料理する。 

・湧く(わく):疑問(ぎもん)が湧く。 興味(きょうみ)が湧く。 勇気(ゆうき)が湧く。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada.